海外ネットオークションeBay(イーベイ)フリースクール 〜 ベイサイド 〜 海外ネットオークションeBay(イーベイ)参加の基本的知識と,直ぐに役立つ最新の情報
+商材探しにお役立ち

★★★ お知らせ★★★
当サイトはNPO法人
アフィリエイト
マーケティング協会
に加盟しています

★★★★★★★★★★★

ブログパーツUL5



"フォースとともにあらんことを"念じて遊ぶ!脳波センサー内蔵の脳波トイ!STAR WARS FORCE TRA...



★ ⇒ 月商600万も夢ではない!ネット輸入ビジネス!成功への方程式


今,売れる商品はこれだ!

にほんブログ村 コレクションブログへ
にほんブログ村



お寿司やケーキなどの手作り飲食品ストラップ
キャラクター類は売れません

缶コーヒー(ボス)のおまけフィギア
完成品で$17前後 !!

今後,eBayの動向から出品商品の案内をさせて頂きます。




+生活に役立つサイト
+OTHERS

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




無料ブログ作成サービス JUGEM

paperboy&co.
RSS 1.0
ATOM  0.3
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< イーベイ速報 | main | eBay日本チームからのメールにつて >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark
落札後の手順

 お待たせいたしました。今回は,いよいよ落札後の手順Part1です。

売れて欲しい。 でも,その後どうすればよいのか最も不安になる場面です。

私自身,マニュアルとか無しにやっていたので手落ちはないのか不安で不安で仕方ありませんでした。

そして,迎えた入札期限でした。

それまでに入札された方のほとんどが質問をメールして来られたので落札金額は最後まで解らなかったけれど,とにかく落札されることは判っていたので,取り敢えず配送の準備だけはしておきました。
聞くところによると,最終価格は締め切りの数時間前に一気に加速しますから予想を上回る価格になります。

では,落札価格決定までの手順を述べましょう,

1.商品の入る箱をスーパーに探しに行きましたが,ピッタリ収まる物が無かったので,分解して作り直しました。 (送料には,箱の大きさも大きく影響するので必ずピッタリサイズにして下さい。)

2.商品の安定と破損を意識して俗に言うプチプチで包装した上で100均で購入した包装紙(和紙)で包装します。
             


3.外国の方に喜ばれそうな日本製品を付録に同包。(100均で扇子を購入)
ココでの付録はあくまで感謝の気持ちですから何でも良いのですが,100均で購入する際は,Made in Japanと表示されている事を確認してください。あくまで,日本製でなければ意味がありません。 銀行の粗品など落札者の年代に合わせての物で良いと思います。
ここで,おまけを入れることは自身の評価を高く書いてもらうことも意識していますので,是非お勧めいたします。


4.落札までで最も大切な作業が,全ての作業を終了した段階での送料を確認することです。
私の場合,この段階で郵便局に送料の確認に行ったのですが,本来出品前に1〜3の手順を済ませて送料の確認をして下さい。

ここで,私の失敗談を書いておきますので,皆さんはそのような事が無いように準備してくださいね。

失敗談1.初の配送では郵便を利用する事にしたので商品のサイズのみ大まかに測って郵便局に送料を尋ねに行きました。

海外の場合落札者が居住する地域により送料が異なります。
サイズ・大きさだけで配送先をアメリカと決め付けないこと。 

送料は最も高額になる地域で決定すること。

ただし,ほとんど落札者はアメリカなので第二地帯のアメリカと想定しても万が一のことを考えてオークションのスタート価格に第三地帯の送料を上乗せして価格決定をしてください。

例) 梱包後の総重量1000gの場合
第三地帯への送料¥3.800     第二地帯(アメリカ)への送料¥2.400
差額の¥1.400を商品の価格に上乗せ

ここで,気がついて貰えたと思いますが送料によって大きく価格が変わります。
出品商品に価値が無ければ,落札はして貰えない可能性も生じますので熟慮してください。

失敗談2.上記の郵送料が高額なのには訳があります。
「出品の心得」でも説明しましたが,郵送の場合通常の小型包装物扱いの場合だとアメリカまで¥1.860で済みますが,リアルタイムでの配送物の追跡は不可ですのでやはり「EMS」での郵送をお薦めします。 
私の場合,その点についてあまり詳しくない簡易郵便局に尋ねに行ったのでEMSと小型包装物の差額を自腹切ることになってしまいました。
(送料が予定金額より高くなっても後に請求することは絶対に出来ません。差額は自腹になります。)

失敗談3.到着までの日数は決めないのですが,税関チェックの日数は思いのほか掛かるようです

関空で2日も放置されていましたので,皆さんも事前に安易に発送したから直ぐに着くと思わないことです。相手の中には,同じように発送したら2日程で着くと考えている人もいる様で未着のクレイムを出されて落札金の返還をされた方も多いと聞きます。EMSだと通常に比べ最短でしかも相手も多少遅くても安心して待っていてくれますので,発送にはEMSを利用することを商品案内の欄に記載しておいてください。

次回は,落札の確認から実際に発送する書面の書き方そして,待望の落札金の受け取り方法までレクチャーしますね。




| 落札後の手順 | 23:29 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark
スポンサーサイト
| - | 23:29 | - | - | pookmark









http://yutakanet.jugem.jp/trackback/22